LG21乳酸菌

LG21はピロリ菌の除去に大きな効果を発揮します

LG21は東海大学医学部の古賀教授の研究グループ、わかもと製薬、明治乳業の協力によって製品化されたラクトバシルス属に属する乳酸菌のうちのひとつです。
ラクトバシルス属の乳酸菌にはすべてピロリ菌を除去する効果がありますが、LG21はその中でも特に効果が大きくなっています。

ピロリ菌とはいったいなに?

では、このピロリ菌とはいったいどんなものなのか?
これは人の胃の中に生息する細菌で、大きさは2.5~5マイクロメートルくらい。
細長いらせん状の形をしており、運動をするときに使われる数本の鞭毛をもっています。
通常の菌は胃の中で死滅するのですが、ピロリ菌だけは生息することができます。
ウレアーゼという酵素を生成し、それによって胃酸を中和しているからです。

ピロリ菌は胃にさまざまなトラブルを起こします

ピロリ菌はただ胃に生息するだけでなく、さまざまなトラブルを引き起こします。
胃粘膜を傷つけて炎症を起こし、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、悪性リンパ腫のひとつである胃MALリンパ腫、さらには胃がんの原因にもなることがわかっています。

LG21がピロリ菌に効く理由

LG21はどうしてこのピロリ菌の除去に効果的なのか?
その理由には主に次の5点があります。

  1. ピロリ菌に対して対して高い殺菌作用をもつ乳酸菌をたくさん生産することができる。
  2. 増殖力に優れており、栄養の少ない胃の中でも乳酸を生かすことができる。
  3. ピロリ菌よりも胃酸に強い。
  4. 胃の上皮細胞に貼りついていつまでも胃の中にい続けることができる。
  5. 乳酸菌なので、薬と違って副作用がない。

現在、LG21は市販のヨーグルトなどから簡単に摂取することができます。
LG21をそのまま商品名に使っているものもあります。
一時、大ブームになりましたが、いまは比較的落ち着いていますので、お手に取ってみてはいかがでしょう。