L92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL92株)

カルピス社が開発したL92乳酸菌

L92乳酸菌はカルピス社が開発した乳酸菌です。
正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL92株」と言い、一般的な乳製品からは摂ることのできないとても貴重な乳酸菌です。

カルピスの長年の研究により発見される

カルピス誕生のきっかけは創業者の三島海雲氏が内モンゴルで出会った、遊牧民が毎日飲んでいた酸っぱい発酵飲料。
飲み続けているうちに心身ともに健康になっていき、これを人々の健康の役に立てたいという三島氏の思いからカルピスが誕生しました。

それ以来、カルピス社は90年以上にわたって乳酸菌の研究を続けてきました。
そしてその研究の中で開発されたのがL92乳酸菌です。
自社が保有しているたくさんの菌株の中から10種類を厳選。
それらをマウスに食べさせ、もっとも有用性の高い菌として選び出されました。

L92乳酸菌は生きたまま腸に届く

通常、口から入った細菌は勝手に増殖しないよう、胆汁酸や胃酸という2つのバリアで防がれるようになっています。
しかし、L92乳酸菌は胆汁酸や胃酸に強く、生きたまま腸に届いたさまざまな効果を発揮してくれます。

アレルギー症状の改善に効果あり

L92乳酸菌は花粉症などアレルギー症状の改善に特に効果的です。
鼻炎にも効果的という報告がありますので、花粉症ではない日常の鼻炎に悩まされている方にもおすすめです。

サプリメントで簡単に摂取できます

現在、L92乳酸菌はカルピス社の「アレルケア」というサプリメントで摂取することができます。
乳、卵、そば、小麦、落花生などのアレルギー物質(25品目)を含んでおりませんので、食物アレルギーの方も安心して摂取できます。
1日当たり2粒を目安に、そのまま噛んで、もしくは水といっしょに服用します。