ヤクルト菌(ラクトバチルズ・カゼイ・シロタ株)

ヤクルト菌の正式名称はラクトバチルズ・カゼイ・シロタ株

ヤクルト菌とは人の腸内に住み着いている乳酸菌を強化培養した善玉菌です。
開発者の医学博士である代田稔氏の名前をとって「ラクトバチルズ・カゼイ・シロタ株」と命名されました。
「LCS」、「乳酸菌シロタ株」と呼ばれることもあります。

代田稔博士によって開発された人工的な乳酸菌

代田博士がヤクルト菌の開発に成功したのは1930年(昭和5年)。
胃液や胆汁などの消化液に耐えて腸に達することのできる乳酸菌を人の腸内から選出。
それを人工胃液や人工胆汁を加えた培地の中で培養し、そこからさらに生き残った菌を選び出しました。
これを何度か繰り返すことで胃液や胆汁に耐えることのできるヤクルト菌が開発されました。

1935年(昭和10年)、代田博士はこの菌を用いて乳酸菌飲料の製造・販売を開始。
これが現在もよく知られている「ヤクルト」です。
現在は1本に含まれる菌の数を200~400億に増やして、より多くの乳酸菌が腸に届くようにしています。

ヤクルト菌には便秘改善の効果などがあります

ヤクルト菌は小腸で乳酸を作り出す働きがあります。
それによって腸の蠕動運動を高め、便秘を改善したり、ウェルシュ菌や大腸菌など悪玉菌の増殖を抑えたりする効果を発揮してくれます。
また、これによって発がん性物質の発生も抑制され、アンモニアなどによる腸内腐敗も防ぐことができるようになります。

生きたまま腸までしっかり届きます

ヤクルト菌の大きなポイントといえるのが、耐酸性なので胃液や胆汁によって死滅することがなく、ドリンクで経口摂取しても生きたまましっかり腸に届くということ。
最終的に排便時まで生き続けることができます。
ですので、とても高いプロバイオティック効果が期待できます。