乳酸菌で免疫力強化

免疫は主に腸で作られる

病気を治す免疫力の実に70%は腸で作られています。
なぜ免疫と腸が関係するのか、これには理由があります。
腸は体の中にあるというイメージがありますが、実際には体の外と密接に繋がっているからです。

口から入ったものは胃で消化され、腸から体内に吸収され、そしてその残りは便になって肛門から出ていきます。
口から入ってくるものは栄養だけでなく、ウイルスや細菌などもあります。
それらをはねのけて体内に吸収しないようにするために、腸は他の器官よりも特に強い免疫力を備えていなければならないのです。

鍵を握るのは腸内善玉菌

ですので、体の免疫力をアップさせるにはまずは腸を活性化させるのがベスト。
そしてその鍵を握っているのは善玉菌です。
腸の免疫力は善玉菌の作り出す酵素が活性化させています。

まずは悪玉菌を減らしましょう

腸の善玉菌を増やして活性化させるためには宿便を排出して悪玉菌を減らすこと。
そのために有効なのは次のような方法です。

1.水をたくさん飲む

ミネラルウォーターもしくは浄水器を通した水を1日2リットル以上を目安に飲んでください。
水道水そのままのものだと塩素で善玉菌が死んでしまいます。

2.食物繊維をたくさん摂る

玄米など食物繊維の多く含まれているものをなるべく多く食べましょう。

3.腹筋運動

腹筋運動をすると腸の蠕動運動が活発になり、便が排出されやすくなります。

善玉菌を増やす方法

上記のような方法で悪玉菌を減らしたら、次に善玉菌を増やしていきましょう。
そのためにもっとも有効なのは乳酸菌の含まれる食べ物をふだんから多く食べることです。

免疫力強化に特に有効なプロテクト乳酸菌

免疫力強化に特に有効なのはしば漬けに含まれるプロテクト乳酸菌というもの。
これはサントリーの研究によって発見されました。
細胞壁の厚みは約60ナノメートルもあり、他の乳酸菌と比較して群を抜いています。
細胞壁は免疫力を高める免疫活性成分そのものなので、これが厚ければ厚いほど、免疫力を高める働きも強くなります。