乳酸菌の花粉症への効果

乳酸菌で花粉症を抑える

乳酸菌を摂取すると花粉症の症状が出にくくなります。
花粉症の原因は免疫システムの過剰反応。
花粉が体に害をなすものではないにも関わらず体が過剰反応を起こし、「IgE抗体」というものを作り出して排除しようとします。
そしてその結果としてさまざまな症状を起こしてしまいます。
ですので、花粉症を抑えるにはこの過剰反応をいかに抑えるかがポイント。
そのために有効なのが乳酸菌なのです。

花粉症の原因は免疫の過剰反応

人間の体には免疫システムをコントロールする「ヘルパーT細胞」というものがあります。
これには1型(Th1)と2型(Th2)の2種類あり、どちらかが増えるともう一方は減って全体の量が同じになるようになっています。
花粉症の人はこのTh2の割合が大きくなっていることがわかっています。
Th2から作り出される「インターロイキン4」という物質にIgE抗体の産出を促す作用があるのです。

乳酸菌は免疫反応を抑制し、アレルゲンの侵入もブロック

乳酸菌にはTh2の増殖を抑える働きがありますので、結果としてIgE抗体も減り、花粉症も予防することができます。
また、乳酸菌で腸の機能を活性化させれば、花粉などのアレルゲンが体内に侵入しようとするのもブロックしやすくなります。

花粉症予防には3ヶ月くらい前から乳酸菌を摂取しましょう

ただし、乳酸菌を摂取しても、花粉症に対してすぐに効果を出してくれるわけではありません。
確実に効果を期待するなら、花粉が飛び交う季節の3ヶ月くらい前から毎日乳酸菌を摂取するようにしたほうがいいでしょう。

花粉症に良い食べ物

花粉症の症状が出てしまってから症状を抑えるのに効果的なのは、
甜茶、ルイボスティー、ペパーミント、赤シソなど。
これらにはくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンの放出を抑える働きがあります。
イワシやサバなどの青魚も効果的です。