乳酸菌で便秘解消

乳酸菌が便秘解消に効果的

乳酸菌は便秘の予防・解消にもとても効果を発揮してくれます。
ヨーグルトなどで手軽に摂取できるビフィズス菌が中でも特に効果的です。
次の2つの働きで便秘に効果を発揮してくれます。

1.酢酸で大腸の蠕動運動を活発に

乳酸菌は乳糖やブドウ糖を分解して乳酸をたくさん作り出しますが、ビフィズス菌はこれに加えて酢酸も作り出します。
この乳酸と酢酸が大腸の蠕動運動を活発にして便秘を予防・解消してくれます。

2.便の水分量を適度に保つ

便秘になると便が大腸に留まる時間が長くなって水分がどんどん吸収されていきます。
健康な便の水分は80%であるのに対し、便秘の便の水分は60%以下。
水分が少なくなると便は硬くなってさらに出づらくなるという悪循環になってしまいます。
乳酸菌には便の水分を適度に保つ働きもあり、硬くなってしまった便も外に出しやすくしてくれます。

食物繊維もいっしょに摂りましょう

便秘の解消のためにはヨーグルトで乳酸菌を摂るだけでなく、食物繊維もいっしょに摂るとさらに効果的です。
食物繊維は消化液で分解されずに腸まで送られ、そこで便の材料になり、さらに乳酸菌のエサになって増殖を助けてくれるからです。

日本人の食生活の変化も便秘の原因の1つ

昔の日本の食事には食物繊維が豊富に含まれていました。
しかし、現代は食物繊維の摂取量は低下し、その代わりにたんぱく質や脂質が増加。
その結果、乳酸菌はその力をあまり発揮できなくなり、現代人は便秘になりやすくなってしまっていました。
食物繊維は野菜、果物、海草、豆、きのこ、芋、穀物などに含まれています。
なので、ふだんから意識してこれらの食材を多く食べるようにしましょう。

重い便秘の場合は専門医の受診を

軽い便秘の場合は上記のような食事の改善などで解消できます。
しかし重度の便秘や、病気や疾患などが原因の「器質性便秘」の場合、専門医の受診が必要になります。
心配な方は一度受診してみたほうがいいでしょう。