“殺菌処理済”の乳酸菌ってどういうこと?

乳酸菌を殺菌したら意味がない?

ヨーグルトの成分表などを見ると「乳酸菌(殺菌処理済)」なんて書かれているものがあります。
乳酸菌を殺菌してしまったら意味がないのでは……なんて気になりませんか?
これはいったいどういうことなのでしょうか。

食品の乳酸菌を殺菌処理する理由

乳酸菌は乳酸菌飲料やヨーグルト以外にもワインや日本酒などさまざまなものに含まれています。
ワインや日本酒にまで使われるのは、乳酸菌には健康効果の他に程よい酸味と旨みをプラスする効果があるからです。
しかし出荷時やパッケージングする時に内部の乳酸菌をわざわざ殺菌処理してしまいます。
それは生きたままだと酸が強くなりすぎて容器が破損してしまったり、食品の旨みや風味が損なわれてしまうことがあるからです。

殺菌されても乳酸菌が造った乳酸の効果は残ります

殺菌処理されると、もちろんほとんどの乳酸菌は死滅してしまいます。
しかしだからといって、乳酸菌の健康効果もなくなってしまっているというわけではありません。
最近の研究では、乳酸菌は死んでも効果があることがわかっています。
死滅した状態でも乳酸菌が生成する乳酸は残って腸内でちゃんと働いてくれるからです。

腸に届いた乳酸菌の量が大切

むしろ最近では乳酸菌が生きているか死んでいるかよりも、摂取してきちんと腸に届いた数や量が重要だと言うことがわかってきました。
また、生きている菌よりも死んだ菌のほうが小さくなって、体に吸収されやすくなるというメリットもあります。
実際には乳酸菌は体内の吸収過程で全部殺菌されてしまうので、そこまで気にしなくても良いかも知れません。

生きたまま腸に届く乳酸菌もあります

最近では、殺菌をしても乳酸菌が生きたまま腸に届くように工夫されている商品も増えてきています。
生きたまま無事に腸に到達すると、体内で増殖をはじめてさまざまな健康効果をもたらしてくれるとされています。
ですが、生きたまま腸に届いたほうがいいかどうかは、菌の種類やどんな効果を求めるかによっても変わってきますので、生きたまま腸に届かせたほうがいいとは一概には言い切れません。

生死よりも乳酸菌が届いた量が大切

乳酸菌の商品を選ぶ際は、殺菌か無殺菌かということはそれほど気にする必要はありません。
生きたまま腸に届かせたほうがいいものは、きちんとそうなるように作られているので安心してください。